指輪の試着期間

人の指の太さというのは、実は一定ではありません。季節によって、あるいは日によって変化しますし、朝と夜とで微妙にサイズが変わったりします。さらにそのときの体調によって、太ったり痩せたりを繰り返しています。お酒を飲んだ翌朝にいつも着けている指輪がきつい。こうした経験をお持ちの方も多い指がむくみ、
ですからお店で数分程度試着したくらいでは、その方のベストサイズは判 りませんし、着け心地の善し悪しも、判断することはできません。
そのため指輪は着け始めてしばらく経った頃になってから、「サイズが合わない」「違和感がある」「手仕事するとき邪魔になる」というトラブルが起こることがあります。これは指輪の出来、が悪いのではなく、試着が充分でなかったために起こるものです。もちろん、こうした場合でも若干の調整はできるのですが、それにも限界がありますし、 一生の記念品である結婚指輪に後から手を入れるというのは、 できれば避けたいものです。そのためにも、指輪はある程度の期間、試着することが望ましいといえます。それも、あなたが購入しようと考えている指輪そのものを、試着するのです。指輪の着け心地は幅や厚み、それにデザインによっても変わってきますから、これは当然のこと
でしょう。試着期間は112週間ほどあれば理想です。それだけの期聞があれば、 日常で過ごす場面のほとんどを体験できるからです。